嘔吐する

嘔吐する

便秘で吐き気が起こるしくみ

 

特に原因が考えられないのに突然嘔吐に襲われた場合は、もしかしたら便秘が原因かもしれません。便秘と嘔吐は一般的に結びつけて考えられませんが、腸の状況によっては胃を刺激して吐き気を起こすこともあるのです。まずは便秘と嘔吐のしくみを知っておきましょう。
便秘になっている際には腸に便やガスなどの内容物が蓄積しています。便秘が慢性化しているとあまり不快感を感じないこともあるのですが、食べ物がどんどん運ばれていくに従い腸の内容物があふれ出てしまいます。これによって腸や十二指腸が刺激され吐き気や嘔吐に繋がります。ここまで便秘を放置することは少ないと思われますが、便秘が長期間続いても不快感を感じない人や、子供で内臓がまだ小さい場合には起こる可能性があります。
また、稀に便秘薬や整腸剤で腸が刺激されたことによって吐き気を感じる人もいますから、便秘のときの対処方法を上手く選んだり、できるだけ便秘にならないよう工夫することも必要となります。

 

吐き気を直ぐに治す方法

 

便秘と嘔吐が同時にある場合では、便秘を改善することが一番の最善策となりますが、直ぐに吐き気を解消したいという場合はガスを移動させるだけでも症状が和らぐことがあります。便秘を解消するには薬を飲んで排便を促したり、食生活を改善したり運動を取り入れて腸内環境を整えることになります。しかしこれでは早くて翌日の排便で、遅ければ数日ほど効果が現れるまで時間がかかることもありますから、まずはガスの原因だけ取り除くようにしてみて下さい。その上で便秘を改善する方法も兼用し吐き気や嘔吐を抑えましょう。
ではガスを移動させて抑える方法ですが、横になるだけで改善されることがあります。ガスが腸の一番高い位置にあるため胃を刺激して吐き気や嘔吐を促しており、ガスを移動させるだけで症状が和らぎます。横になれば必然的にガスが移動しやすくなり、直ぐに対処できます。ただしガスの発生源となる便秘が解消されなければまた胃を刺激しますから、不快感が改善したら便秘も一緒に治しましょう。