肌荒れ

肌荒れ

便秘による肌荒れの原因

 

便秘になるとなぜ肌荒れが起こりやすくなるのでしょうか。これは腸の内部に多く発生している悪玉菌と関係があります。健康な腸は腸内環境が整っており善玉菌が多いのですが、便秘になると悪玉菌が増えてそれによって毒素が発生し腸の壁から再吸収されて血液を通して全身に運ばれてしまうからです。便秘になれば血液まで汚れてドロドロとなり、全身に病気の元となる毒素が流れていると考えましょう。肌荒れは便秘が長期的に続いたり、慢性になるほど起こりやすく便をできるだけ停滞させない努力が必要となります。腸内環境を整えて善玉菌を増やすと同時に、便を長期間溜め込まないようにしましょう。
また、便秘になっているということは自律神経が乱れており、それによって肌のターンオーバーもうまく行われなくなっています。毒素の影響だけでなく肌が生まれ変わる力も衰え、古い角質が溜まったり健康な細胞やコラーゲンが作られず肌が荒れた状態になります。

 

肌が荒れていれば便秘が悪化している

 

便秘によって肌荒れを感じている場合では便秘もかなり悪化していると考えられます。便秘とは本来排泄するべきものが腸の内部に停滞したもので、毒素が全身に回ってしまっています。これによって肌荒れだけでなく疲れやすさ、食欲不振、体臭の悪化など様々な影響を及ぼします。便自体も老廃物のひとつなのに、便秘になることで更に体に悪影響となる毒素が全身に回ってしまうと考えると気持ちがよいものではありませんね。肌に影響が現れていればもしかしたら既にからだ全体にも毒素が回って悪影響を与えているのかもしれません。
便秘はいわば老廃物が溜まっているものですから、毎日溜め込まず1日1回は排泄するようにしましょう。肌が荒れてきたらどのくらい便が溜まっているかも考えてみて、長期間停滞しているようなら直ぐに対策をしてみて下さい。便秘は美容に大敵なだけでなく、毒素が多くなれば大腸がんのような病気も引き起こしてしまう可能性があるのです。