便秘茶のおすすめな飲み方

便秘茶のおすすめな飲み方

便秘茶のおすすめの飲む時間

 

便秘茶の商品によっても異なりますが、夜寝る前に飲むのを勧めている商品が多いようです。夜飲むと寝ている時間にじっくりと効き、翌朝スムーズな排便を促すためです。朝は一番排便が促されやすいため各社でもこのような時間を勧めているのでしょう。実際にこの時間帯に飲むと翌朝出ることもありますし、穏やかな効き目の場合はまだのこともありますが、続けて2日〜3日ほど寝る前に飲んでいればすっきり効果が実感できます。
また、便秘茶の多くはノンカフェインとなっており、寝る前に飲んでも眠れなくなったり刺激を受けることはありません。逆にハーブが含まれているものは眠気を促すものもあったりします。寝る前に飲む場合はお風呂上りの水分補給として、または食後のお茶としても飲むことができます。ホットでゆっくりと飲めば体が温まり、その後体温が下がることで睡眠を促す効果も期待できます。快適な睡眠やリラックスは便秘解消にも役立ちます。

 

ティーバッグなら濃さを調節できる

 

便秘茶を始めて飲む方は濃さを調節できるティーバッグ式がおすすめです。カップにティーバッグを入れてお湯をそそぐだけで便秘茶が出来上がり、煮出す商品と比べて自由に濃さを調節できます。直ぐに取り出せは薄めになってお腹が痛くなりにくいため、今まで便秘茶や薬で腹痛を感じた経験のある方はこの飲み方にすれば安心です。便秘が頑固なら濃さ出してぜんどう運動を活発化させることもできます。
また、初めての方はどのくらいの濃さが効くかはわかりにくいため、パッケージを見て通常の濃さを目安に入れると良いでしょう。お湯を入れて何分くらい待つと良いか商品に書かれていることも多く、事前に確認してみて下さい。継続するなら少し薄めでも効果が現れやすく、1回のみで便を出すためだけなら濃い目にするなど調節すると良いでしょう。大抵便秘茶は穏やかな効き目となっているため、通常の入れ方をすればお腹が痛くなりすぎたりすることはありません。慣れてくるとどのくらいの濃さが効きやすいのかわかってきます。