朝習慣付ける

朝習慣付ける

朝トイレに座る習慣

 

便秘を自力で解消する方法のなかのひとつに、朝排便を促すようトイレに行く習慣を付けるものがあります。これを毎日実践していると、最初は何も便意は起こりませんが次第に何回かに1回は便が出るようになり、トイレに行くだけで便意を感じるよう習慣付けることができます。慣れてくると朝トイレに行かなくても、朝に排便をすることが普通となり自然と便秘が解消されてきますから是非実行してみて下さい。
また、この朝にトイレへ行く習慣ですが、朝の時間帯にもちょっとしたコツがあります。朝起きてすぐだとまだ腸が動き出していない為うまくいきません。朝起きたら温かい白湯を飲んで腸を動かしたり、朝食を食べて腸が目覚めてからトイレに行くとよいでしょう。人によっては濃いコーヒーを飲むとカフェインの作用によって便意を感じることもあります。カフェインはアデノシンという神経伝達物質を阻害し眠気を覚ましたり腸を動かす作用も期待できます。朝トイレに座っても何も起こらなかった方は飲み物や食べ物で促しましょう。

 

朝食を食べる時間を作ろう

 

朝便意があまり起こらないという方はもしかしたら朝食を抜いていませんか?朝食は腸を働かせる強い刺激となってくれるため、便秘がちな方は是非朝食を食べる習慣を付けることをおすすめします。現代人は朝がとても忙しく、朝食は食べている暇が無いという人が多くなっています。これでは朝便意を感じやすいのに刺激されないままとなり、その状態で夜を迎えれば腸を刺激して便意を感じずに過ごすことになります。朝が一番腸を活発化させるのに向いている時間で、便秘がちの人は昼間や夜はあまり便意を感じないのが普通なのです。そのため朝食をしっかりと食べて腸を刺激する時間を設け、朝トイレに座る習慣をおすすめします。
また、この腸への刺激はギャップが高いほどより効果的となります。夜遅くまで食事をしていれば当然朝は食欲がなく、食べたとしても空腹との差が少なくあまり刺激を受けません。夜寝る前3時間までには食事を済ませ、朝お腹が空いているようにして食事を摂れば腸がしっかりと動いてくれるようになります。