ウォーキングがよい

ウォーキングがよい

便秘にはウォーキングがよい

 

便秘を何か運動で解消したいと考えているなら、是非ウォーキングを取り入れることをおすすめします。運動の中でもウォーキングが良い理由は自律神経を整えることに大きな意味があります。便意を感じるのは副交感神経が優位に働いたときなのですが、便秘がちの人に見られるのがストレスや運動不足などで交感神経が優位になっている点です。これを解消できるのがウォーキングで、自律神経が整ってくれば心の不調や体の問題などいろいろなことが解消されてきます。ウォーキングは便秘解消以上に効果を上げやすいため多くの方におすすめできる運動なのです。
また、ウォーキングは歩くことでリズミカルな動きになります。これが自律神経を整えるのに良く、毎日続けていると自然とストレスが解消できていたり、便秘が改善していることに気が付くはずです。1日の時間にすれば20分程度でよく、通勤で歩くことができるならこの時間帯に利用するだけでもOKです。わざわざ運動に出かけることができない人でも、買い物や通勤など日常生活に取り込めば実践しやすいでしょう。

 

腸を刺激するためのウォーキングのコツ

 

ウォーキングは自律神経を整えたり、お腹周りの筋肉に働きかけることができるため便秘解消には最適な運動です。毎日続けているという方でもしあまり効果が得られていないなら、ちょっとだけ歩き方を工夫してみて下さい。腹筋や骨盤を意識すると更に効果的となります。便秘解消のためのウォーキングのコツを紹介しますから参考にしてみましょう。
まず立ち方ですが、おへその下にある丹田という部分に力を入れます。この状態で歩くと腹筋が鍛えられやすく、インナーマッスルが刺激されます。慣れてきたら普段立ったり座ったりする際にもこの丹田を意識するようにしてみて下さい。次に歩き方ですが骨盤を稼動させるために歩幅を広くします。膝から下しか使わず歩いている人は骨盤が動いていません。足の付け根から足を前に出すようにし、いつもより歩幅を広くするイメージで歩くと骨盤が動いて腸が活発に動きやすくなります。
これらの歩き方は実は便秘解消効果だけでなく、ダイエットにも効果ありなんですよ。